まつげエクステのメンテナンス

更新日:3日前


まつげエクステのオフ 自まつげについているエクステを取ることを「オフ」といいます。

エクステは専用のグルーを用いて装着するため、同様に専用のオフ剤(リムーバー)を用いてのオフが必要です。

サロンで使用するオフ剤の種類は一般的にジェルリムーバー、クリームリムーバーの2種類です。違いは、使用用途グルーを溶かす速さです。

ジェルリムーバーは、部分的にオフする際に適していて、リペアの時によく使用されます。液体とクリームの中間的な形状です。

クリームより強力なのでスピーディーにオフすることができます。

クリームリムーバーは固形のため、目に入る心配が少なく、全体のエクステをオフする際に適しています。油分が多いため、使用後すぐにエクステを装着する際は 念入りに取り除く必要があります。ジェルリムーバーよりグルーを溶かす速さは劣ります。

サロンでは用途によってこの2種類を使い分けます。

オフとリペア

エクステが全て取れるまでには約1ヶ月以上かかりますが、装着してから約3,4週間たつと生え替わりなどで本数が減っていき、また、根元の伸びやはえ癖により ばらついてくるので、1度全てオフして付け替え、またはオフせずに付け足し(リペア)をします。

リペアとは、エクステがついている状態でさらに本数を足していくことです。エクステの本数が残っていて、ばらつきも少なく全てオフする必要がない場合などに リペアがおすすめです。根元が伸びていたり、向きがばらついているエクステのみ取り外し新しくエクステをつけていきます。


リペアのタイミングは、遅くても3週くらいまでが理想です。ばらつきがひどい場合や、カール・長さなど変更したい場合にはリペアだと仕上がりにばらつきが出てしまうので、オフして付け替えの方が綺麗に仕上がります。

2,3回リペアを重ねたら1度全てオフするのがおすすめです。なぜオフが必要かというとリペアを重ねていくとまつげの根元に化粧等による汚れが残りやすく、 またグルーも劣化していきます。