まつげエクステの基礎


正式にはまつげエクステンションといい、「まつげエクステ」や「まつえく」とは略称です。

まつげエクステとは、自まつげに人工まつげを装着する技術です。


装着部分が目立たないので、自まつげのようにナチュラルに仕上がます。また、つけまつげと違い 毎日取り外す必要がなく汗や水にも強く取れにくいのがメリットです。つけるエクステによってはまつげを長く見せたり、ボリュームアップさせたりすることも可能なので

まつげが短い、少ないなどのコンプレックスの解消にもなります。

まつげエクステは、自まつげの根元から1~1.5㎜離した部分につけていきます。エクステの根元がまぶたに触れるとちくちくと違和感を感じるためです。

また、エクステとの接着面がまぶたに近い、まぶたに触れてしまうとグルーによる接触性皮膚炎・アレルギー性皮膚炎を引き起こす可能性があります。

一方で、根元の距離があきすぎてもばらつきやすかったり、まつげへの負担が大きくなったりとデメリットがあるため基本的には離しても1.5㎜までが理想的です。

エクステは専用の接着剤(グルー)を用います。広く使われているグルーの主成分は、

シアノアクリレートです。これは硬化速度の速い接着剤の一種で、工業系、医療系を

含め日常的に使用されている接着剤の主成分として最も多く使われています。

まつげエクステに主に使われるものが【エチルシアノアクリレート】と【プチルシアのアクリレート】です。持続性が高いため、現在一般的に販売されている グルーはこのエチル系プチル系の2種類です。

この2種類の違いは、硬化速度強度持続性刺激などです。

エチル系  少量で硬化することができ、硬化速度が速く強度も強い分、刺激はプチル系に比べると強い。粘度は低くサラサラ系

プチル系  エチル系と比べると硬化速度はやや遅く、強度も劣る。その分、低刺激。粘度あり