まつげエクステの歴史


そもそもまつげ美容とは、、  まつげに関しては大昔から現在までとにかく濃くて、長いまつげが美しいと、世界中どこでも同じような価値観を持っているようです。

濃く長いまつげは、目がぱっちりと大きく見え、顔にメリハリが生まれます。

そこで、1913年にアメリカで登場したのがマスカラです。

当時ではもちろん画期的な商品で爆発的に売れました。その後、日本では1947年につけまつげが販売されました。当時は芸者さん達が自分の髪を切って、1本1本編んで 作ったものを商品化していたそうです。

そして、画期的なまつげ美容法、まつげパーマが登場したのが1960年代です。それによって、まつげの手入れは自分でするものという概念が覆りました。

まつげエクステの歴史はというと約30年ほどです。美容業界では比較的歴史の浅い技法とされています。

発祥の地は美容大国、韓国です。1980年代ほどに、つけまつげ工場で余った人工まつげを再利用したことが始まりだといわれています。

その後、日本へ入ってきたのが2000年頃で、当初は6~8本程の毛束状エクステをまつげ2,3本につけていたようです。そのため、自まつげに負担がかかり

仕上がりが不自然」「取れやすい」「自まつげが抜けた」などと問題点も多かったようです。

ブームに伴い、進化と改良が繰り返されるようになり2003年頃には人毛のような毛先の細いエクステが登場し、ナチュラルなまつげエクステが楽しめるようになります。

2005年には現在主流となっている1本のまつげに1本のエクステを装着するスタイルが一般的となりました。

同じ頃、まつげエクステに使用する専用のグルー(接着剤)の性能も改良され、より安全性や持続性の良いものが普及しました。

ですが、まつげエクステは当初正しい知識を習得しないまま安全性への配慮に欠けた施術を行うサロンもあったためトラブルが多く、